第5回日本神経学会 脳卒中特別教育研修会

メニューはこちら

会長挨拶

 この度、一般社団法人日本神経学会では、本学会脳卒中セクションが担当する研修事業として2022年7月2日(土)、出島メッセ長崎にて「第5回日本神経学会脳卒中特別教育研修会」を開催させていただく運びとなりました。
 2018年に「脳卒中・循環器病対策基本法」が公布され、現在は各県で循環器病対策推進計画の策定が進んでいますように、脳卒中撲滅へ向けて国民の期待は、非常に高まっています。そのような中、国民がどこに住んでいても安心して最善の脳卒中医療を受けられるようにするためには、それに携わる人材育成が急務です。しかしながら近年、医師不足や偏在に加えて、医師の働き方改革が進む中で、脳卒中を専門とする内科医の不足は深刻な問題となっています。
 そこで、今回の脳卒中特別研修会のコンセプトを「みんなで総合的に脳卒中を診る力をつけよう!」として、広い視野で脳卒中医療を捉えその基本を理解し、臨床に即役立つようなテーマでプログラムを組みました。それぞれエキスパートの先生を講師としてお迎えしておりますので、研修医、専攻医、若手内科医のみなさんはもちろんのこと、専門・非専門を問わずすべての先生にとって、脳卒中学習のための絶好の機会となることでしょう。また学生さんにも、脳卒中に興味を持っていただくきっかけになることでしょう。
 なお、プログラムの最後には現地で脳血管内治療セミナー(Live配信)とハンズオンを企画しています。ハンズオンに参加される先生方には、数に限りがございますが、最初から研修会に現地で参加できるよう準備しています。

 基本Web開催(ライブ+オンデマンド配信あり)となりますが、そのメリットを最大限生かし、先生方にとって明日の糧となる収穫がありますことを、心より願っています。多くの先生方・学生さんのご参加をお待ちしております。

第5回日本神経学会脳卒中特別研修会
会長 辻野 彰(長崎大学病院 脳神経内科 教授)

第5回日本神経学会脳卒中特別研修会  会長 辻野 彰(長崎大学病院 脳神経内科 教授)

ページトップ